当院について
ABOUT CLINIC

  1. TOP
  2. 当院について

院長挨拶
GREETING

2012年の開院以来、整形外科の専門病院であると共に、子供から大人までが誰でも気軽に来院し相談ができる地域に根差したホームドクターをめざしてまいりました。
腰、膝、関節など、痛みの部位や度合いはそれぞれ異なりますが、その一つ一つの痛みに対し丁寧に耳を傾けることを心掛けております。
整形外科の治療は、一般的に手術や薬、注射が多いのですが、当院では理学療法士と柔道整復師が多数在籍し、運動療法を積極的に取り入れております。また検査方法も多岐に渡り、レントゲン以外に、MRI、エコー、骨密度測定装置などを完備し、高齢化に伴う患者様の治療にも対応させていただいております。適切な治療方法、手術の適応を見極めて、必要があれば地域の病院にもご紹介させていただいております。
これからも地域の皆さまの「痛み」に真摯に向き合える、あたたかな病院であり続けたいと日々邁進しております。ぜひお気軽にご相談ください。

院長 伊澤 亮平
(医学博士 日本整形外科学会専門医)

経歴
CAREER

平成8年 岩手医科大学卒業
平成10年 石巻赤十字病院 整形外科
平成20年 東北大学医学部大学院 博士課程修了
平成24年 上杉山整形外科クリニック開院

所属学会
AFFILIATION

  • 日本整形外科学会
  • 日本骨折治療学会
  • 日本運動器学会
  • 国際マッケンジー協会認定療法士

設備紹介
FACILITY

MRI(核磁気共鳴断層撮影装置)
General Electric社

1.5テスラの高精度かつ、身体への負担が少ないMRI。閉所恐怖症の方にも安心の明るく開放的な検査空間。腰椎椎間板ヘルニアや肩腱板断裂、膝半月板損傷、腰部脊柱管狭窄症などの、レントゲンでは分からない病変の画像診断に必要で、骨粗鬆症による圧迫骨折の早期診断や炎症性疾患に検出にも大変有効。

骨密度測定装置(DEXA法)

大腿骨や腰椎などから検査する大変精度の高い骨量測定器であり、骨粗鬆症診断基準(ガイドライン)でも DXA法(デキサ法)を用いて計測することが推奨されている。仙台市の骨粗しょう検診にも対応。

FDPレントゲン撮影装置

撮影時間を短縮し、人体への負担も軽減できるFDP(フラットパネルディテクタ)を導入し、迅速なレントゲン検査が可能。

エコー検査装置

レントゲン検査では見つけられない筋肉や靭帯・腱などの軟部組織の損傷部位や程度を見極められ、微細な骨折や炎症などもわかり、適切な初期治療にも有効。

血圧脈波検査装置(CAVIとABI)

血管の硬さをはかり血管年齢を知ることができるCAVI検査と、下肢動脈の狭搾や閉塞を検査可能なABI検査ができます。

PAINVISION(ペインビジョン)
知覚・痛覚定量分析装置

痛みには個人差がありますが、痛みの程度を判定し、治療に生かします。

施設概要
CLINIC OUTLINE

医院名称 上杉山整形外科クリニック
院長 伊澤 亮平
所在地 〒980-0011 仙台市青葉区上杉5丁目8-40
連絡先 TEL:022-797-0488 / FAX:022-797-0489
受付時間 月曜日-金曜日(9:00-12:00、14:30-17:30)
休診日 土・日・祝日・年末年始他 臨時休業日あり
診療内容 整形外科一般・リハビリ・MRI・骨密度検査・自由診療

オールアース建築

当院は電磁波対策(交流電場対策)としてオールアース建築を採用しています。
オールアースとは、建物が発生させる電磁波(交流電場)をカットする技術で、当院は来院される患者様に心地よい空間を提供いたしたいと考え、建築時に(株)レジナ社のオールアース技術を採用しております。海外で採用されている3口コンセントを採用し、電気を大地にアースすることで電磁波を軽減。居心地がいい、身体が楽に感じる...そのようにどことなく感じられる気持ちのいい空間で、ぜひリラックスして受診いただければ幸いです。